新亜光学工業株式会社の実績と特許取得で得られることについての確認

>

特許を取得していることで自分の身を守れる

特許取得で真似などされなくなる?

特許を出願することで、1年6か月後には発明された内容がホームページなどで公開されます。それにより他社は内容の研究を行い、技術開発に繋げるケースが多いです。企業によっては真似されるのを防ぐため、特許申請をしない所も少なくありません。

しかし、新亜光学工業株式会社は世界レベルで技術を広めるのも仕事の1つにしています。技術やアイデアを独り占めしないで、可能な範囲で情報提供をしています。場合によっては特許技術の使用によりライセンス料を得るのが可能となり、特許を得たことでの1つの特権を得た状態となります。

その他、特許取得により20年間他社から技術を真似されることはありません。20年後にはライフスタイルや技術面で少なからず変化が出るので、期間が切れた後に20年前の技術を真似する企業は少ないかもしれません。

アイデアを盗まれないための対策とは

様々な研究や開発を行う新亜光学工業株式会社ですが、特許申請などをする際にアイデアを盗まれると却って不利益となりかねません。

まず、自社内で勉強会を設けており、アイデアが出た際も情報共有を欠かしていません。心理的にも、隠し事をされると真似をしたくなるうえアイデアを盗みたくなる傾向にあります。積極的な情報提供は、このリスクを防ぐ効果が期待できます。

他社に対しても精密機械をはじめ光学製品における自社のアイデアを可能な範囲で伝えており、他社の情報も得ています。単に自社のスキルアップをするのではなく、双方が技術のレベルアップができるように繋げています。また、明確に伝えることでプレゼン能力が増すのも見込めて、接客や研究の仕事をする際にも活かせます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る