新亜光学工業株式会社の実績と特許取得で得られることについての確認

>

新亜光学工業株式会社の実績と特許取得のメリットは?

特許の取得条件について

複数の特許取得をしている新亜光学工業株式会社ですが、取得には条件があるので押さえておきましょう。

先願かつ発明であることは大事ですが、他にも産業上で利用可能性があり、新規性が有しているなど複数の条件があります。例えば、新亜光学工業株式会社は光量調整装置の特許取得をしていますが、撮影時に光の量を調整できれば、医療や製造の仕事にも活かしやすくします。また、防犯カメラでも光の量を自動調整できれば、場所や時間帯を問わず鮮明な被写体を残せる可能性が増します。その他、進歩性を有するのも条件の1つであり、新亜光学工業株式会社は医療機器をはじめ様々な製品の研究をしています。

特許についての詳しい情報は各種特許法で定められているので、気になる人は確認するのをお勧めします。

特許があれば信頼へと繋がる

特許取得により1つのブランドを得た状態となり、他社に技術の高さ以外に製品の宣伝効果が増すことも期待できます。申請から認可を受けるまでに1年以上要するかもしれませんが、それ以上にメリットが多いかもしれません。カメラ系の精密機械をはじめ、同じ商品でも特許があることにより信用面で差をつけられて、お客さんに購入をしてもらいやすくなります。

また、他社が様々な理由で特許技術を必要とするケースがあります。その際にライセンス料が得られるため、自社の利益に繋がります。

しかし、ライセンス料を得るのも大事ですが、新亜光学工業株式会社は技術を高める目的で、必要に応じて自社の技術を他社へ積極的に提供します。双方のアイデアを活かして、win-winになれる関係づくりを目指している会社としても評価されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る